【ネットワークスペシャリスト】MACアドレス

  • 2020年3月5日
  • 2020年9月29日
  • SE文系
  • 130view

こんにちは、こじろうです。

別記事でインターネット上の情報のやり取りは7つのステップに分かれていて、3層目:ネットワーク層ではインターネット上で情報をやり取りする際の住所情報(IPアドレス)を設定しているを紹介しました。

IPアドレス=住所で間違いないのですが、実際に郵便活動をしようとすると、”その住所に住んでいるどなた宛てのものなのか”、つまり宛名が明らかでない郵便物は正確には送達されません。

インターネットの世界において、この宛名を設定するのが、7つのステップの中の2層目:データリンク層であり、具体的には”MACアドレス”というアドレス情報に宛名情報を設定しています。

この記事では、文系SEの方々やITビギナーの方々向けに、このMACアドレスについて紹介していきたいと思います。

【この記事でわかること】

  1. MACアドレスとは何か?
  2. 具体的にはどんな仕組みなの?
  3. MACアドレスの知識ってどこで役立つの?

データ送付の宛先設定として、IPアドレスだけでは不十分

上記の通り、IPアドレスは”住所情報”ではるものの、宛名情報の記載はないのです。

自宅に郵便便物が届いたら、自宅の誰宛なのか書いてありますよね?

父向けなのか母向けなのか、または自分向けなのか…

機器が製造された段階で設定されている製造番号のようなもの

MACアドレスは12桁の英数字なのですが、それぞれのPCやスマホが製造される際に、各メーカー・製造者が設定しています。

もちろん、みなさんのPCにも設定されていますよ!広島大学のメディア教育情報センターのWebサイトに確認方法があるので、是非、ご自身でも確認してみてください。

参考:MACアドレスの確認方法@広島大学のメディア教育情報センター

IPアドレスは利用するWi-Fi次第で変わるがMACアドレスは変わらない

理解を深めるために、引っ越しをした時のことを考えてみましょう。

この場合の引っ越しとは、PCやスマホが接続するWi-Fiを切り替えてIPアドレスを変更することとします。

繋ぐWi-Fiが変わったら、紐づけられるIPアドレスも変わります。

参考:IPアドレスは各プロバイダや携帯会社が、端末一つ一つに設定してくれている

一方、MACアドレスはどうでしょうか?

Wi-Fiが変わっても機器ごとに固有の値が製造時から設定されるMACアドレスは変わることがありません。

みなさんも引っ越すと住所は変わりますが、皆さん自身の名前は変わったりしませんよね?

自分のPCやスマホのMACアドレスはいつだれがどこで設定したのか…

IPアドレスが住所情報であり、電子データはIPアドレス目掛けて送信されていくわけですが、物理的に直接宛先に到達できることが分かったら(現実でいうところの、送付先の住所に一番近い郵便局までたどり着いたら)、そのデータは送信先のMACアドレスを目指してデータを送付します。

IPアドレスって、最終目的地なんですが、途中でどこの郵便局を経由したらいいかは書いてないんですよね。

東京から兵庫県の明石市にデータを送ろうとしたら、まずは大阪郵便局に送って、その後兵庫郵便局を渡り、その後明石郵便局を経て、宛先まで届く。

しかし、IPアドレス情報からは中継地の大阪・兵庫の郵便局の宛先情報は無い…

東京の郵便局からすると、自分のとこの局員に直接明石市まで行かせるのは非効率的なので、普段から”近畿地方への郵便物は、一旦全て大阪郵便局へ送ってしまおう”と決めています。(これをブロードキャストといいます。)

参考:ブロードキャスト

その際、送信データは大阪郵便局のIPアドレスではなく、MACアドレスを頼りに大阪郵便局を目指すのです。(大阪郵便局➡明石市郵便局、明石郵便局➡最終目的地も同様)

この辺の話は、cironagaさんのQuitaのブログが非常にわかりやすいので、こちらも是非ご覧ください。

参考:MACアドレスとIPアドレスの違い

IPアドレスだけで良くない?

管理できないから無理

MAC アドレスは基本的に 端末やデバイス(PC やスマホ等)に紐付きます。

ちなみに僕のPCのMACアドレスはこちらです。

12桁のMAC アドレスの前半 3 byte は IEEE (アメリカに本部がある電気・情報工学分野の学術研究団体、技術標準化機関、IT技術に関して、仕様が各メーカー毎に乱立して消費者が”どれがいいのか分からない!”といったことが起きないように、色々な研究・取りまとめをしてくれています。)が管理し、各メーカーに払い出します。

メーカーは MAC アドレス後半 3 byte を自由に割り振って出荷します。

参考:各電気機器メーカーが設定できるMACアドレス(後半3byte)一覧

各メーカーのデバイスは色々な人や組織に購入され、世界中に点在します。

それに対し、IP アドレスは場所に紐付きます。

(ポケットWi-Fiについて、ポケットWi-Fiそれ自体はどこへでも運べるので場所の特定は不可能ですが、Pocket Wi-Fiが接続する基地局は特定できますね。詳細はこのブログのネットワーク~多重化~の記事をご覧ください)

参考:【文系SE】ネットワーク~多重化~

また、プライベート IP アドレスであれば組織のNW管理者が設計し、設定します。なので、IP は場所を示しており、宛先 IP アドレスによって通信先を決めているのです。

MAC アドレスではそれは実現できません。

どの場所にどの MAC アドレス(PCや端末)があるかを把握するのは、現実的に不可能ですよね

それもあって、デバイス・端末といった機器の固有の情報はIPアドレスではなく、別の判断要素であるMACアドレスを用意して特定・管理するルールとなっているのです。

参考:MACアドレスとIPアドレス、なぜ両方必要か

クラウド全盛の時代に、こういった知識は不要となってしまった?

正直、ITの内容というよりは電気機器メーカーの方が勉強する内容かもしれません。

そのため、その辺の知識を積極的に学ぶ人は少ないでしょう。

それだけに、周りに差をつけるにはうってつけの分野ですし、トラブルが起きた時の原因究明で非常に役に立つ知識です。

僕もよく経験した話なのですが、システムが出来上がり、いざお客さんの業務現場に赴き、対象のサーバへソフトウェアインストール、したけど動かない。。データが連携されないetc…なぜだ!?

「できたって言ってたじゃないか!納期遅れは許さんからな!」みたいに恫喝されて10分後くらいに、契約外のネットワーク設定が間違っていた…ってなことがしばしばあります。

強烈な営業向きスキルではありませんが、いざというとき自分の身を助けてくれる頼りになる知識です。

 

 

 

それでは、Tchau◎

こじろう

※冒頭の写真はTicTacさんによる写真ACからの写真でした。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG