【ネットワークスペシャリスト】ブロードキャストフレーム

  • 2020年3月5日
  • 2020年9月29日
  • SE文系
  • 140view

こんにちは、こじろうです。

別記事でインターネット上の情報のやり取りは7つのステップに分かれていると紹介しました。

別記事でインターネット上の情報のやり取りは7つのステップに分かれていて、そのうち上から3つ目の”ネットワーク”層ではインターネット上で情報をやり取りする際の住所情報(IPアドレス)を設定しているを紹介しました。

しかし、ブリッジやスイッチが、まだ知らない宛先の情報が来たとき、ハブやブリッジ、スイッチはどのような動きをするのでしょうか。

この記事では、文系SEの方々やITビギナーの方々向けに、こういった宛先不明のデータが期待際に発行されるブロードキャストフレームについて紹介していきたいと思います。

【この記事でわかること】

  1. ブロードキャストフレームとは何か?
  2. 具体的にはどんな仕組みなの?
  3. ブレードキャストフレームの知識ってどこで役立つの?

これ誰のー??とみんなに聞きまくる

ハブやブリッジが、自分の知らない宛先(MACアドレス)情報を受け取った時、自分が知ってる連絡先に”この情報、あなたのと違う?!”と、一勢送信する様

 

これを利用してN/Wスペシャリストの問題が作られている。

XXX

実例

xxx

クラウド全盛の時代に、こういった知識は不要となってしまった?

XXX

 

それでは、Chao◎

こじろう

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG